悠々閑々

yuyukan12.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

甘い薬害

☆☆☆☆☆

d0098134_158933.jpgd0098134_1582893.jpg


甘い薬害  上・下 / ジョン・グリシャム / アカデミー出版 
                     /上 P 330 下 P 319

公選弁護士として働いていたクレイ・カータは、怪しげな男に好条件でスカウトされ、
薬害を隠す製薬会社などを相手に次々と訴訟を起こす。
連戦連勝して、「訴訟王」と呼ばれ、
アメリカンドリームを掴んだヒーローに祭り上げられる。
しかし、甘い罠の先には・・・
[PR]
by yuyukan12 | 2008-04-27 15:26 | 読書記録 | Comments(0)

山郷の春

昨日、群馬県太田市の「ぐんまフェアおおた2008」に行って来ました。
100万本の芝桜がそれは見事でした。
見晴らしの丘からの眺めも好く、
花と緑に覆われた世界は
d0098134_1616636.jpg
d0098134_16162015.jpg

普段酷使している目にも
やさしく休養となったようです。

特別展示の「サウンドオブジェ」は、
竹製?で風力を利用した綺麗な音色でした。

d0098134_16175739.jpg


追伸・・サウンドオブジェの一部です。
d0098134_15353348.jpg

d0098134_15355259.jpg

[PR]
by yuyukan12 | 2008-04-26 16:22 | デジカメ散策 | Comments(8)

心一杯

d0098134_1703935.jpg

ネット仲間のビオラさんのブログで
山下景子さんの「ほめことばの練習長」が紹介されていましたので、
山下さん繋がりで、「美人のいろは」を以前に記録していたものを
書かせて頂きました。

 山下景子さんの著書 「美人のいろは」から好きな御言葉です。

  「心いっぱい」

心の限りと言う意味で、精一杯と同義語だそうです。
「一杯」は、不思議な言葉です。
小さな容器に、たった一杯だけ・・・。こういうと、
ほんの少しというイメージです。
大きな容器に充分満たされている場合も、一杯。
ここから広がって、「たくさん」という意味にも使われるようになりました。
最も現代は、この場合、ひらがなで「いっぱい」と書いて区別するのが一般的です。
それぞれの心に応じて、一杯。一杯ですから、それ以上もそれ以下もありません。
自分の限りを尽くしたい・・・。
そして、自分のできる限りしかできない・・・。
それが、心一杯なのですね。
 誰もが、心一杯、生きている・・・
その心に、いっぱい、いっぱい、いろんな思いを詰め込んで・・・。
[PR]
by yuyukan12 | 2008-04-24 17:17 | 読書記録 | Comments(6)

そろそろ雨?

牡丹の花が満開になると、毎年のように決まって
雨が降り、花が無残な姿になります。
もう少しで開花しますので、お空も雨の準備をされるのでしょうか?

手入れをしなくても、毎年律儀に咲いてくれる愛しい花たちです。
d0098134_10583022.jpg

d0098134_1059026.jpg

d0098134_1059217.jpg

[PR]
by yuyukan12 | 2008-04-21 11:01 | その他 | Comments(7)

恋のかたち、愛のいろ

☆☆☆☆☆

d0098134_1036116.jpg

恋のかたち、愛のいろ / 女性作家 7人 / 徳間書店 / P268

唯川恵    「ごめん」
小手鞠るい  「星月夜」
畠中恵    「苺が赤くなったら」
原田マハ   「ブルースマンに花束を」
ヴァシィ章絵 「号泣男と腹ペコ女」
朝倉かすみ  「掛け星」
角田光代   「地上発、宇宙経由」

人気女性作家7人の短編小説、7編で構成されています。
この本は、何方の小説も面白くてお薦めしたいと思います。
ちなみに、あえて一編を選ぶとしたら、
私の一番は、角田光代さんの「地上発、宇宙経由」でした。
[PR]
by yuyukan12 | 2008-04-21 10:38 | 読書記録 | Comments(4)

食堂かたつむり

☆☆☆☆

d0098134_16344295.jpg

食堂かたつむり / 小川糸 / ポプラ社 / P234

東京で失恋をした倫子は、食堂を持ちたかった以前からの夢を、
故郷に帰って実現させた。
母娘の関係に悩みながらも、周りの人たちに支えられ、評判の店になる。
料理の細かい描写に臨場感も伝ってくる。
[PR]
by yuyukan12 | 2008-04-20 16:38 | 読書記録 | Comments(0)

暮らしの中で楽しむ書

☆☆☆☆

d0098134_9442555.jpg

暮らしの中で楽しむ書 / 木谷聖雲 / 日貿出版社 / P111  
インテリア小物から季節の便りまで

100均の品を上手く利用して、
「書」を日常の生活でも楽しめるように工夫されています。
絵手紙にも参考になる、季節の便りなども素敵なのが満載です。
[PR]
by yuyukan12 | 2008-04-19 09:47 | 読書記録 | Comments(2)

卵一個ぶんのお祝い。

☆☆☆☆

d0098134_1023498.jpg

卵一個ぶんのお祝い。 / 川上弘美 / 絵 門馬則雄 / 平凡社 / P149

東京に在住の作者が、「東京日記」と題し、
少なくとも、五分の四くらいは本当にあったお話を
書かれたものだそうです。
日常の生活で、ありそうな面白さに笑える日記小説です。
[PR]
by yuyukan12 | 2008-04-18 10:26 | 読書記録 | Comments(0)

アクリルたわし

d0098134_170153.jpg

チョッと変わった素敵な五角形でしょう?
お友達から届いたタワシです。
四角のは見たことありましたが、この形は始めてで感激しました。
手作りの品は温もりがあって好いですね。

早速使ってしまい、写真を撮るのも忘れて慌てて撮りました。
ですから、濡れた状態で失礼します (^^ゞ

使い心地は、手にも優しく馴染み、お台所も明るくなって
一石二鳥です♪有難うございました。
[PR]
by yuyukan12 | 2008-04-17 17:02 | Comments(2)

桃源郷

d0098134_13113080.jpg

d0098134_13121873.jpg

d0098134_13123847.jpg
山梨県の友人から、桃の花が今週いっぱい見頃と伺ったので、
さっそく出掛けて来ました。

秩父の雁坂トンネルを抜け、山梨市のフルーツ公園へ。
昨日は、残念ながら少しモヤがかかっていましたが、
そこからの眺めは最高で、
満開の桃の花に圧倒されました。

行きの奥秩父では、ソメイヨシノ、枝垂桜を堪能しながらのドライブ。
帰りは、桃の花に見送られ、中央高速で一路家路へ。
[PR]
by yuyukan12 | 2008-04-16 13:15 | デジカメ散策 | Comments(2)

感謝の心と笑顔で、在宅酸素療養の日々を過ごしています。 misaki


by yuyukan12