悠々閑々

yuyukan12.exblog.jp
ブログトップ

カエルの魅力

d0098134_1781026.jpg

悼む人 / 天童荒太 / 文藝春秋 / P 441
直木賞受賞作品で図書館の予約者が殺到し、半年近く待ちましたが、
長編で内容共に読み応えがありました。
この後にも、90人から予約者が待っています。


死者が、「誰から愛され、誰を愛し、誰から感謝されたか」死者の知人から聞きだし、
確かに、この世界に生きていたことを覚えています・・・と悼む坂築静人。

死者の霊を悼み全国の旅を続ける青年、
その帰りを待つ、静人の母は末期癌との闘いの日々。

d0098134_1785821.jpg

かえるの国へようこそ! ケロッコ村のゆかいな仲間 /
 溝呂木 芳(みぞろぎ かおる)/ 二見書房 / P 62

アマガエルの体長は子蛙で1センチ、親蛙で4センチくらい、
その大きさに合わせたミニチュアの道具を使い、
実物のカエルをモデルに苦労されながら撮った作品の数々です。

春夏秋冬の題材も面白く、カエル君の表情に癒されます。
[PR]
Commented by ようちゃこん at 2009-05-25 18:31 x
わたし、カエル好きなんです。
カエルがモチーフになっている小物とか
ついつい買ってしまいます(笑)
これは写真集なのですね?
是非見たいです。

そう言えば最近、カエルの声が聞こえるようになって来ました。
Commented by yuyukan12 at 2009-05-26 09:22
ようちゃこんさん

本物のカエルは苦手でも、カエルのグッツファンの方も多いですよね。
ようちゃこんさんも色々お持ちなのですか♪

こちらも、これからカエルの鳴き声で騒がしくなってきますよ。
周りにはまだまだ水田がありますからね。

Commented by YUMI at 2009-05-26 14:28 x
misakiさん、こんにちは。
かえるちゃん、かわいいですね!!
私も触ったりするのは苦手ですが、アマガエルちゃんなら見るのは大丈夫です(笑)
先月、娘が捕まえてきたたおたまじゃくしが学校でかえるになったそうです。でも、インフルエンザ騒動で休校だったので昨日登校したら逃がされた後だったそうです。見れずに残念がってました。
ぜひ娘たちと見てみたい本です。
Commented by yuyukan12 at 2009-05-26 17:40
YUMIさん

やはり触るのは苦手ですか。私は、昔は普通に触れましたが、
今は躊躇してしまいます。(^_^;)

カエル君に会えなくて残念でしたね。
さぞガッカリしたことでしょう。

楽しい本ですから娘さんたちと見てみてね~♪
Commented by しらゆり at 2009-05-26 22:48 x
悼む人順番が来ましたか、私はまだまだ先かな?
今日は「まず石をなげよ」と「別れのあと」の順番が来て、
お借りしてきました、まず石をなげよは1月、次が4月、
misakiさんご推薦、楽しみに読みます。

私もたまたまのかえるくんの写真があります。
HPのフォトの中の、つくば牡丹園に、お時間あったら、
探してくださいね(^^)
Commented by ラッキー at 2009-05-26 23:15 x
misakiさん こんばんは
 
カエルの話に飛びつきました。
一昨年前の話ですが、メダカの鉢にオタマジャクシがウジャウジャ泳いでいたの。
どんなカエルになるのかさっぱりわかりませんでしたのでメダカを別の入れ物に入れ替えオタマジャクシを育てたら何と可愛いアマガエルでした。
成長過程をまるで子供のように楽しみに毎日観察しましたよ。
尾がだんだん短くなり自立して飛び立って行く時、可愛くて微笑ましく思えてきました。
あれ以来アマガエルは手の上にのせても平気になりました。
Commented by yuyukan12 at 2009-05-27 14:12
しらゆりさん

人気本は大勢の予約者がいますが、
予約しないことには本が回ってこないですからね。
予約を入れて気長に待っています♪

お風呂に入ったカエル君ですね。
とても可愛く、良くカメラに収まりましたね。
この本のモデルさんたちにも負けてはいませんでしたよ。(^^)v
Commented by yuyukan12 at 2009-05-27 14:19
ラッキーさん

良い観察が出来ましたね。
どんな小さな生き物も飼ってみると可愛いものですよね。
家も息子が小さい頃、オタマジャクシを飼ってたことがありました。
成長したカエルは、いつの間にやら何処かに・・^^;

手の上に乗せられるほどに愛情が移ったのですね。
by yuyukan12 | 2009-05-25 17:17 | 読書記録 | Comments(8)

感謝の心と笑顔で、在宅酸素療養の日々を過ごしています。 misaki


by yuyukan12