悠々閑々

yuyukan12.exblog.jp
ブログトップ

装丁が綺麗でしょう?

d0098134_16352824.jpg

d0098134_16355271.jpg

ほうき星  上 下  / 山本一力 / 角川書店 / 上 P 316 下 P 314

江戸の夜空にハレー彗星が輝いた夜、さちは誕生した。
しかし、さちが幼い時に絵師だった父と母を、突然事故で失う。

尊敬する父親の後姿を見てきたさちは、
父親の師匠でもあった岡崎俊城の門下生になる。

下町の人情に包まれながら、困難な時も凛とした娘に成長していくさち。

d0098134_16363648.jpg

先生 / 吉村達也 / 角川ホラー文庫 / P 350

新任の教師には5人を殺害した過去があった。

幼い頃、色の白さから、女の子のようだと苛められ、
対人恐怖症になった北園雪夫は、
子供相手なら出来ると中学の先生になったが・・

ここでも生徒達からバカにされ、
母親の歪んだ愛に育まれた雪夫は、
怒りが異常な形で爆発する。
[PR]
Commented by 桜子 at 2009-03-11 18:37 x
ほんと~綺麗です。
中味を急いで読みたいな。そんな気になりますね。
私達にもこんな可愛い乙女の時代があったよね。うふふ
読書~すごいテンポで読破してますね。
 わたしは今牛歩です。
テレビドラマがみんな終盤を迎えていて目が離せない。。。
 明日院でーなの。あのネオー○ラル聞いてみます。
ご本ありがとう。今宵から「華麗なる~」を。
Commented by ようちゃこん at 2009-03-11 21:16 x
お着物の色合いが、いいですネ。
上巻は子どもらしい、可愛らしい赤で
下巻は、少し大人っぽい大正浪漫的。
装丁がきれいな本って、見ているだけでも嬉しくなります。
Commented by bj at 2009-03-11 22:50 x
吉村達也氏の『先生』が気になりますね。

トラウマみたいなものがテーマになって
いるのでしょうか?
読んでいないので、何とも言えませんが(^^;)

『ほうき星』は表紙が綺麗ですね♪
このような絵のしおりみたいなのが
ありそうですね!

Commented by yuyukan12 at 2009-03-12 09:33
桜子さん
幼い時には七五三の時の着物を着たりして遊びましたね。
はるかかなた遠い昔、懐かしいです。(^^ゞ

「先生」面白くて一気に読みました。ありがとう。
まだまだ楽しみが沢山残っています♪

今日は院デーですか。関東は今朝は冷えていますが、
そちらは暖かければ良いですね。
Commented by yuyukan12 at 2009-03-12 09:38
ようちゃこんさん
上下の違いを良く見定めましたね。(^^)v
上巻は、さちが未だ幼かったお話で、
下巻は、少し成長されたさちになったからでしょうか?

カラフルで気持ちも明るくなりますよね。
Commented by yuyukan12 at 2009-03-12 09:46
bjさん
今年になってから、吉村達也さんの本を
ネッ友さんのお陰で楽しませて頂いています。
この「先生」も良かったです。
特に最後の数行も怖かったですよ~。

この絵のようなしおりがあったら欲しくなりますね♪
by yuyukan12 | 2009-03-11 16:43 | 読書記録 | Comments(6)

感謝の心と笑顔で、在宅酸素療養の日々を過ごしています。 misaki


by yuyukan12