悠々閑々

yuyukan12.exblog.jp
ブログトップ

少年法とは?

d0098134_14443924.jpg

告白 / 湊かなえ / 双葉社 / P 268

2001年4月、刑事罰対象年齢を16歳から14歳に引き下げられた
少年改正法が施行された。

では、年齢とはいったい何でしょうか?
こんな疑問を抱く中学一年を受け持つ女性教師。

この女性教師の娘、「愛美」4歳が、自身の受け持つクラスの生徒に殺害された。
しかし、警察からはプールに落ち、溺死の事故死と片付けられた。

この生徒は、未だ13歳。警察に届けても少年法で守られてしまう。
それでは、自分で復讐し、更生させるしかない。

娘の愛美は、事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたのです・・・
クラスの全生徒の前で女性教師は告白する。


d0098134_14451699.jpg

可愛いベイビー / 吉村達也 / 集英社文庫 / P 255

わずか半年で離婚した松坂誠は、元妻の麗奈のことが忘れられない。
ところが彼女は、冴えない中年男と一年後には再婚した。

嫉妬した誠は麗奈のストーカーとなり、
誠自身の生活にも影響がでるほど夢中になる。
[PR]
Commented by bj at 2009-02-25 19:59 x
どちらの本もやりきれない心情が
描かれているのでしょうか?

『告白』の方は興味深いですね♬

『可愛いベイビー 』は実際にいそうな
感じがします・・・

読んでて冷っとしそうです(^_^;)
Commented by しらゆり at 2009-02-25 22:06 x
色々読まれてますね、メモしておかなくちゃ。
先日図書館で、食堂かたつむりを借りた時一緒に久々に数冊借りました。
重松清さんとメモしてあった長い家路を・・凄まじい話ですね。
最後には希望が見えてるのかな?可愛そうなガブリエラ(T_T)
Commented by よっしー at 2009-02-25 23:11 x
湊かなえさんの「告白」は私も読みました。
この本は、よく新聞の広告欄に紹介されていて、
ずっと気になってたので読んだんですよ。
告白から始まって、告白で進んでいき、面白かったです。

「可愛いベイビー」は、歌でありましたが、
内容が全然違う感じですね。
今度読んでみようと思います。
Commented by yuyukan12 at 2009-02-26 10:15
bjさん
「告白」は、娘を失った悲しさも苦しさも
少年法の盾には勝てないジレンマでしょうか。

「可愛いベイビー」の後半は、
予想外の展開で悲しみの中にも爽やかさがありましたよ。
恐怖を想像させるような紹介文を書いてしまいましたが、
怖さより、コメディー的なところもある小説です。
Commented by yuyukan12 at 2009-02-26 10:23
しらゆりさん
ガブリエラには、読んでいてハラハラさせられましたが、
とても素敵な女性ですね。最後は希望もあり
良い結末です (^^)v
それで無いと、あまりにも悲しすぎますよね。
Commented by yuyukan12 at 2009-02-26 10:37
よっしーさん
告白は私も新聞の広告欄で知りました。
このようなところは、よくチェックしています(笑)

告白は考えさせられる問題でしたね。
今また、湊かなえさんの2冊目を読んでいます♪

「可愛いベイビー」は本の中で、冴えない中年男が新妻に浮かれて歌う口癖です (^^ゞ
最初は気持ち悪かった男ですが、最後は尊敬できる素晴らしい方でしたよ。
Commented by ようちゃこん at 2009-02-26 13:23 x
どちらも、違った意味でドキドキしそう!
メモメモ・・・。
Commented by yuyukan12 at 2009-02-27 10:07
ようちゃこんさん
「告白」は著者が社会に対して、被害者の立場を
訴えたい気持ちが大きかったのでしょうか?
重い課題ですね。

吉村達也さんの小説を未だ読んでなかったので、
「可愛いベイビー」はそう意味からも嬉しい本でした♪
by yuyukan12 | 2009-02-25 14:52 | 読書記録 | Comments(8)

感謝の心と笑顔で、在宅酸素療養の日々を過ごしています。 misaki


by yuyukan12