悠々閑々

yuyukan12.exblog.jp
ブログトップ

真実の愛

この二冊は、偶然にも登校拒否、家庭内暴力、家庭崩壊と
共通する話題でした。

改めて、子育ての難しさに恐ろしくもなり、
無事通過しての安堵も・・(^^)v

d0098134_1023211.jpg

家族狩り / 天童荒太 / 新潮社 / P 562

幼い時は良い子だったのに、家の子に限って、家庭内暴力、家庭崩壊・・

ナイフやノコギリを突きつけられ、「真実の愛を与えてきたと言えるのか?」
恐怖に慄く親達。次々に無残な姿となった家族。

家族とは何か?子育てを真剣に受け止めないと・・

サスペンスの恐怖に、意外な所に落とし穴があった。
内容的にも読み応えのある長編小説だった。


d0098134_10233699.jpg

ピアニシモ / 辻仁成 / 集英社文庫 / P 166

トオルには幼い時からの親友ヒカルがいる。
そのヒカルの姿が見えるのは、トオルだけ・・

父親の仕事の関係で、トオルは転校の繰り返し。
しかし、そこで待ってるのは苛め。
登校拒否から崩壊寸前の家庭。
孤独な少年はヒカルに頼ってしまう。

心の荒廃と自立への闘い、そして成長へ・・
[PR]
Commented by bj at 2009-01-29 11:00 x
ピアニッシモは時間軸としては、前の設定に
なりますが、今の時代にも共通する部分が
垣間見えると思います。

今はもっと陰湿な苛めもありますし・・・

トオルと同じように“成長”していけるような
自覚が今の子供達にも持ってほしいですね♪

私も成長していかないとですけどね(^^;)
Commented by こうたろう at 2009-01-29 14:27 x
怖いお話。都会には、実際ある話ですか???。
田舎では想像もできませんね。
Commented by 桜子 at 2009-01-29 19:48 x
天童荒太さんは先日賞を取られた作家さんですよね。
新聞広告で色々内容と読者の感想をみて読んでみたいなぁ~と思いました。
 たしか・・・永遠の仔も彼じゃなかったかな?(?_?)
違ってたらごめんなさい。

ほんとに今の学校は・・・。子育て終えていて安堵します。でもまだ進行形の方も大勢おられますし何かの参考になればいいですよね。
φ(..)メモメモリストに入れておきます。

昨夜は「ナナカマドの晩歌」をまたよなべでした。
いいご本を駅伝してくださり感謝です。
Commented by ようちゃこん at 2009-01-29 20:59 x
「家族とは何か」永遠のテーマですね。
人間って、持って生まれてくるものも
もちろんありますが
親の言葉のかけ方ひとつで、ずいぶん
違って育ちますよね。
ついつい感情にものを言わせてしまうけれど
ちゃんと考えて言葉にしないといけないなぁ。。。
Commented by yuyukan12 at 2009-01-30 09:28
bjさん おはようございます。
辻仁成さんの小説も始めて手にしました。
色々な方の作家さんに触れられるので感謝です。

陰湿な苛めが一時も早くなくなって欲しいです。
こうしている間にも、苛められて苦しんでいる子供達がいると思うと悲しいですね。
Commented by yuyukan12 at 2009-01-30 09:39
こうたろうさん おはようございます。
やはり都会の方が、苛めは多いのでしょうか?
小説だけの世界ではないので怖いですね。

核家族が影響するのか分かりませんが、
祖父母に愛されることも重要なのでしょね。
私も、お祖母さんになれる日が来たら
気を付けないと~ (^^ゞ 


Commented by yuyukan12 at 2009-01-30 09:46
桜子さん おはようございます。
「悼む人」で直木賞を貰いましたね。
永遠の子もそうです。本を読み、テレビでも見たので
良く覚えています。
悼む人は図書館に予約を入れてあるのですが、
80人くらい予約者がいたかしら?
回ってくるのは4,5が月先になるかな~?
気長に待っています♪

桜子・・読みました。舞台が埼玉で面白かったですよ。
Commented by yuyukan12 at 2009-01-30 10:02
ようちゃこんさん おはようございます。
子育ての真っ只中にいる方達には、
本当に怖くなる本かもしれませんが、
最後にどんでん返しがあり、救われるのですよ。

子育ての難しさを改めて実感しましたが、
当時は夢中でしたね。
反省することがいっぱいあります。

言葉のかけ方一つ・・そうですね。私も家族に注意しなくちゃ。
Commented by しらゆり at 2009-01-30 15:24 x
今私が読まなくちゃいけない本かもしれないですね。
メモしてお借りしなくちゃ。

辻仁成さんの本は1冊挑戦したのですが、挫折しちゃいました。
この本ならどうかな?

平岩弓枝さんは未読だったので、今2冊目読んでます。
ありがとうございます
Commented by kei at 2009-01-30 18:47 x
子育て・・・今のところは何事もなく過ぎてますが、
この先は?
成人してからでも親子の葛藤による事件がありますから、こればかりは難しいですね。

さて、白紙だったHP、再開しました~
まだ準備中ですが本登録して新URLで継続することにしました。
これからも よろしくお付き合い願いますね~(^ー^)/
Commented by at 2009-01-30 19:04 x
misakiさん今晩は~、
絵手紙届きました、有難う御座います。
又近い内に私も描きますのでお待ち下さいね(^^)

登校拒否は子供を育てる親にとっては一番心配な事ですね。
私はとっくに子育ては終えてますが、孫には平穏にと思いますがこんな時代ですからね~不安ですよね。
家族狩り・・・タイトルが怖いですね。
Commented by yuyukan12 at 2009-01-31 10:07
しらゆりさん おはようございます。
息子さんたちは、立派に成長されてますから
ご心配はありませんが、
別の角度から、読んでみても面白いですよ。

辻さんのこの本は、「家族狩り」と内容が似てるようでも違って、
気軽に楽しめました。

平岩弓枝さんの小説はネッ友さんの影響もあり、
大好きな作家さんで可也読みました。
しらゆりさんより、年代が一回り上の方に多く
読まれているのかなぁ~?

Commented by yuyukan12 at 2009-01-31 10:14
keiさん おはようございます。
成人してからも、ニュースで色々ありますからね。
我家だって、先のことは・・??
でも、今心配してもしょうがないわね~ (^^ゞ

HPを再開されたのですね。良かった♪
お知らせ有難う。又伺います。
こちらこそ今後もよろしくお願いしますね。
Commented by yuyukan12 at 2009-01-31 10:21
華さん お知らせ有難うございます。
随分とお返事が溜まったままで、ゴメンなさいね。
以前に頂いたリンゴの絵が美味しそうに
額の中で光り輝いていますよ。(^^♪

平穏な人生が一番良いのかもしれませんね。
欲はかきませ~ん(笑)

by yuyukan12 | 2009-01-29 10:32 | 読書記録 | Comments(14)

感謝の心と笑顔で、在宅酸素療養の日々を過ごしています。 misaki


by yuyukan12