悠々閑々

yuyukan12.exblog.jp
ブログトップ

やっぱり本が好き

昨日は、月2回の外来日でしたので、診察の後、
病友のお見舞いに病棟の方にも顔を出してきました。
一番長期の方は、年が明けましたら丸2年の入院生活になります。
それなのに明るく元気に、頑張っていらっしゃいました。
ベッドサイドは、本、折り紙、絵手紙、その他、頑張ってる証がいっぱいでしたよ。
私自身が励まされますね。

目が疲れると言いながらも、ボツボツと読んでいます (^^ゞ

d0098134_10404835.gif


d0098134_1025227.jpg
d0098134_10265167.jpg


疾走 上 下 / 重松清 / 角川文庫 / P 400(上)P 364(下)

以前からあった海岸地域の「浜」と呼ぶ集落と
干拓によって出来た集落「沖」とは不仲だった。

浜で暮らす15歳のシュウジ一家は、優秀だったはずの兄によって、
苦難の道に追い込まれる。


d0098134_10303570.jpg


巴里・妖都変 薬師寺涼子の怪奇事件簿 / 田中芳樹 / 講談社 / P 286

世界一危険な公務員・薬師寺涼子警視がパリに主張。
パリの空港で不審極まる殺人を目撃。
さぁ~大変、越権捜査に猛進する涼子に付き合わされる泉田警部補。

d0098134_10312852.jpg

世界一小さい美術館ものがたり / 須藤一郎 / 三好企画 / P 186

この本は小説ではありません。(^^ゞ
須藤さんご夫妻が、サラリーマン時代に集められた現代美術品を、
自宅を解放されて美術館を開いたお話です。
[PR]
Commented by ビオラ at 2008-11-20 11:08 x
misakiさん、こんにちは~。
一気に、真冬並みに寒くなりましたね。
休憩を取りながら、元気を取り戻されたようで
安心しました。

「疾走」は、これでもか・・と言いたくなるほど、つらく
重いテーマでしたが、それだけに読み応えも
かなり、ありましたよ。

頑張っていらっしゃる方を、側で話すとエネルギーを
いただけますよね!
misakiさんも、ゆったりペースで楽しんでくださいね!
最近、寒くて、ベットで読むのが出来にくいので、ちょっと寂しいです(苦笑)
Commented by しらゆり at 2008-11-20 13:02 x
疾走は表紙が怖いですね・・内容も??
昨日新聞の書評で見つけた重松さんの「とんび」を予約しました。
感動の長編とか、10人待ち、楽しみにしてます。

私も本、大好き♡
Commented by こうたろう at 2008-11-20 13:55 x
怖そうな表紙ですよ。「直井兼継」関係の本を読んでいます。図書館へ行くといろいろ有り、助かります。
Commented by 桜子 at 2008-11-20 17:11 x
疾走~すごい形相。思わずムンクの絵を思い出しました。ブルブル~~~でも読みたい。
重松作品は読んだことないですが・・・最近良く御見かけします。ご本を。φ(..)メモメモと。

 私も今日は院へ。御仲間が2Fに宿泊と聞いて面会時間はまだでしたが逢いに行ってきました。
本読みますか?持ってくるよ。と言うと「夜も昼も眠くてテレビも見ないからいらない」と。

御互いに寒くなりました。別荘の客にならぬよう自愛しましょうね。
Commented by 京子 at 2008-11-20 20:09 x
わぁ!すごい本を読んでおいでなんですね。
私は怖くて途中で読むのをやめそうな気がします。

私は年末なので、のめり込んでしまうのが怖いから
今はエッセイばかりを読んでいます。
Commented by ようちゃこん at 2008-11-20 21:39 x
本はいいですね。
たしかに目は疲れますけど、その代わりに
気力や幸せな気持ちなんかをもらえたりします。

「世界一小さい美術館ものがたり」は
何度も見たくなりそうな本だなぁ・・・。
Commented by yuyukan12 at 2008-11-21 09:21
ビオラさん おはようございます。
はい、病友から沢山エネルギーを頂きました。(^^)v

「疾走」は、あまり重いテーマ過ぎるのでUPを躊躇ったのですが、
神父様の優しさや思いやりに心打たれましたので。

本格的な寒さが来ますから、ビオラさんも冷やさないように
お大事になさってくださいね。


Commented by yuyukan12 at 2008-11-21 09:32
しらゆりさん おはようございます。
読書歴は、しらゆりさんに比べたらまだまだ足元にも及びませんが、
本は好いですよね。

「疾走」の表紙が怖いでしょう。内容も怖いですよ(笑)
随所に聖書が引用されています。

「トンビ」ですね。ありがとう、
私も予約を入れてきました。20人ほどの予約者がいました。
Commented by yuyukan12 at 2008-11-21 09:43
こうたろうさん おはようございます。
やはり図書館を利用されていらっしゃるのですか。
便利で助かりますよね。
直井兼継氏の本はまだ読んだことがありませんので、
今度よんでみたいです。
Commented by yuyukan12 at 2008-11-21 09:49
桜子さん おはようございます。
ムンクを思い出しますよね~。
重松作品は、是非お薦めします。私の好きな作家の一人ですので。

面会時間は午後から。
でも顔パスで私も無視します^^;
別荘生活にならないよう気をつけましょうね。
Commented by yuyukan12 at 2008-11-21 09:54
京子さん おはようございます。
怖い本ですが、途中でやめられなくなると思いますよ。

エッセーもいいですね。
そういわれてみれば、最近は小説ばかりでエッセーを読んでなかったです。
忙しい時間の合間に読むには適していますね。
Commented by yuyukan12 at 2008-11-21 10:01
ようちゃこんさん おはようございます。
そうなのです。目には過酷かもしれないけれど、
それ以上に得るものが多いですよね。

「世界一・・」の本は、苦労話や夢などが語られています。
今は、銀座でギャラリーを開店なさっているようです。
Commented by bj at 2008-11-21 22:54 x
表紙のインパクトで“疾走”に興味が湧きますが、
いかんせん読書の時間が・・・

覚えていて、いつかは読もうリストに入れておきます♪

“世界一小さい美術館ものがたり ”は
さくっと読めそうな感じがしますが、どうでしょうか?

ちょっと気になります(^^)v




Commented by yuyukan12 at 2008-11-22 10:21
bjさん おはようございます。
疾走の表紙は強烈で、手が出難かったですが、
重松氏の作品なので読んでみました。

薬師寺涼子もシリーズなので、面白く読ませて頂きましたよ。ありがとう。

「世界一・・」の須藤さんの生き方が、若い方たちの
何かヒントになることがあるかもしれませんね?
by yuyukan12 | 2008-11-20 11:04 | 読書記録 | Comments(14)

感謝の心と笑顔で、在宅酸素療養の日々を過ごしています。 misaki


by yuyukan12