悠々閑々

yuyukan12.exblog.jp
ブログトップ

もっと塩味を!

☆☆☆☆☆

d0098134_1424032.jpg

もっと塩味を! / 林真理子 / 中央公論新社 / P 255

料理人の陰にはいつも女がいる。
見守り、支え、もり立て、慰める女性だ。
取りざたされることは本当にまれだけれども!

彼女たちは、口出ししないこと、
身をひそめていることが習い性になっている。
「シルウス」のナオト・ヤスカワの妻ミサコもそうしてきた。

25年前の東京で、ミサコは恋に落ちた。(途中略)
ミサコは吉方を占うという占い師のもとを訪れた。
彼の明るい未来を予言した。しかし、それは痛ましい未来でもあった。
ミサコには災いが訪れると出ていたからだ。
           
                (本文中より)
[PR]
Commented by 桜子 at 2008-10-08 18:28 x
今晩は。
タイトルでmisakiさんがなんぞ美味しいものを作ったら塩味が今一だった~~~を予想して来たら
あらら・・・本のタイトルでしたのね。\(~o~)/
災いは避けられたのでしょうか?
興味津々~φ(..)メモメモ。探してみように入れておきます。ありがとう。
Commented by yuyukan12 at 2008-10-09 09:04
桜子さん おはようございます。
うふふ・・そうでしたか。

編集に携わる方たちも、題名に可也重点を置かれると伺った事があります。
今回、本のタイトルの重要性を確認しました。
さすが売れっ子、林真理子さんのタイトルですね。
訪問して下さった方が、此処なりに
いつもの倍位多くほうもんしてくださいました。
感激です。ありがとうございます。

是非お薦めの本です。
災い・・矢の如く降ってきましたぁ~(ーー;)
Commented by よっしー at 2008-10-09 21:09 x
面白そうなタイトルですね。
お料理に塩を入れると甘みが増すことがあるし
人間ももう少し塩を効かせた方がいいかしらね。
料理も人間関係も「塩加減」が大事なのかな。

今度、図書館で借りて読んでみます。
Commented by yuyukan12 at 2008-10-10 15:21
よっしーさん こんにちは

なるほどそうですね。好いこと仰います (^^)v
ちょっとした塩加減、難しいですね。
私も、少しばかり塩味を加えてみようかしら(笑)

主人公のミサコさんは、力いっぱい生きた素晴らしい方です。
是非、お読みになってみて下さい。

by yuyukan12 | 2008-10-08 14:27 | 読書記録 | Comments(4)

感謝の心と笑顔で、在宅酸素療養の日々を過ごしています。 misaki


by yuyukan12