悠々閑々

yuyukan12.exblog.jp
ブログトップ

天切り松 闇がたり 第一巻

d0098134_9495333.jpg


☆☆☆☆☆

天切り松 闇がたり / 浅田次郎 / 集英社 / P 266
第一巻 闇の花道

男のおめえが借金のカタになんぞなるものか。ハハッ、
かかあを死なして娘を女郎屋に叩き売って、
今度は倅を盗っ人の修行に出すたァ、ハハッ、
とんだ父親(てておや)もいたもんだ。
             (文中より・・)

盗っ人の修行に出された松蔵が、年老いてから人生を振り返り、、
留置所の雑居房で、看守や留置人たちに語り聞かせる涙と笑いの物語。
      
[PR]
by yuyukan12 | 2008-09-20 09:53 | 読書記録 | Comments(0)

感謝の心と笑顔で、在宅酸素療養の日々を過ごしています。 misaki


by yuyukan12