悠々閑々

yuyukan12.exblog.jp
ブログトップ

かしんふう

d0098134_1711925.jpgd0098134_172275.jpg
春から初夏にかけて花の咲くことを知らせてくれる風のことをいうそうです。

もとは、中国の「二十四番花信風」です。
二十四節気中の小寒から穀雨までの八節気を二十四候に分け、
それぞれの侯ごとに、花を咲かせる風が吹くとされていました。

小寒初候は梅、中侯は山茶(椿)、小寒末候は水仙。
大寒は瑞香(沈丁花)、蘭、山ばん(そめしば)。
立春は迎春(黄梅)、黄桃(ゆすらうめ)、望春(こぶし)。
雨水は菜(菜の花)、杏、李(スモモ)。
啓蟄は桃、てい堂(山吹)、薔薇。
春分は海棠、梨、木蓮。
清明は桐、麦、柳。
穀雨は牡丹、どび(ときんいばら)、おうち(栴檀・せんだん)。

風が吹けば、きっと何処かで花が咲いているのですね。
それは、あなたの心に花を咲かせる風かもしれません。

     山下景子さんの著書 「美人の日本語」より
[PR]
by yuyukan12 | 2008-02-23 17:41 | はじ描き | Comments(0)

感謝の心と笑顔で、在宅酸素療養の日々を過ごしています。 misaki


by yuyukan12