悠々閑々

yuyukan12.exblog.jp
ブログトップ

後は投函するのみ

年賀状を書き上げ、今はホッと一息ついています (^^)v

今後は、手の回る範囲の掃除をぼちぼちと・・・

d0098134_16344512.jpg

還暦探偵 / 藤田宜永 / 新潮社 / P 223
還暦を過ぎた男の6つの物語

d0098134_16351059.jpg

刑事のはらわた / 首藤瓜於 / 講談社 / P 269
悪事に一度手を染めたら後戻りはできない。
ダムが決壊して流れだした大量の水が、
周囲を否応なく巻き込み、
行き着くところへ行き着くまでは止めようがないのと同じことだ」
父の言葉が、はじめて腑に落ちたような気がした。
それなら行き着くところまで行くまでだ。

     ・・文中より抜粋・・


d0098134_16355417.jpg

オルゴォル / 朱川湊人 / 講談社 / P 381
近所のおじいさんから、鹿児島の知人にオルゴールを渡すように頼まれたハヤト少年。
今は子供なので無理なら大人になってからでも良いと頼まれて引き受けるが、
本心は東京から九州までの交通費の2万円が貰えるということが魅力だった。
しかし、周りの人たちの好意で鹿児島までの旅が始まる。
[PR]
Commented by bj at 2010-12-12 18:39 x
年賀状を仕上げられたとの事ですから、
気持ちも少し楽になったのではないかと
思います(*^^)v

かく言う私は・・・

時間を見つけて手掛けないと思ってます(^_^;)

読書も順調に進んでいくでしょうね。

因みに今年は何冊くらいになりそうでしょうか?
Commented by こうたろう at 2010-12-13 02:03 x
今年は雪も遅くて、いまだ暮れの気分になっていません。
年賀状もこれからです。皆さんのコメントであせってきました。
Commented by みーちゃん at 2010-12-13 08:41 x
年賀状、misakiさんは準備万端整ったのですね。 羨ましいです。
母に頼まれてる分と合わせて、100枚以上書かなくてはいけないのに、まだ手付かずです・・  今週中には終わらせなくては。 子供の頃の夏休みの宿題と一緒で、ぎりぎりにならないとやらない、、悪い癖なのです^^;
ご紹介の作品「オルゴオル」~涙・涙で読んだ新堂冬樹作品の「僕の行く道」が思い浮かびます。 見た事のないお母さんを探す為に一人旅に出た小学生の大志くんも親切な人たちに助けられながらでした。
オルゴオル~是非読んでみたいです♪ 図書館にあるかしら。。。
Commented by yuyukan12 at 2010-12-13 09:21
☆ bjさん


何事にもスローテンポなもので、
書き上がって肩の荷が下りましたよ 。
bjさんもお忙しい時間を割いて頑張ってくださいね。


今年は去年より数十冊多く読めましたよ。
年内で150冊程度になるでしょうか?
来年もどんな本に出合えるか楽しみです♪
Commented by yuyukan12 at 2010-12-13 09:32
☆ こうたろうさん


雪国の方たちには、雪景色にならないと師走の気分も来ないのでしょうね?
今年の漢字一文字「暑」でみられるように、
この冬は暖冬になるのでしょうか?
しかし、こちらの今朝は一段と寒い日になりました (^^ゞ

年賀状の受付開始までは未だ日にちがありますから
慌てず頑張ってくださいね (^^)v
Commented by yuyukan12 at 2010-12-13 09:50
☆ みーちゃん


100枚以上書かれるとはお疲れ様ですね。
私は自分の分だけですからそれ程多くはありませんので
みーちゃんに比べたら随分と楽なわけです (*^_^*)


「僕の行く道」も旅に出たのでしたね。涙を流しました。
「オルゴォル」も素敵な人たちとの出会いで実現した旅でした。
この作品に登場する人物の名前が、
身近の名前で3人も出てきました。
そんな偶然も読書の面白いところですね。
新刊なので図書館にあると思います。
ぜひ、お薦めします♪
Commented by 桜子 at 2010-12-13 12:35 x
3冊とも興味ありありですが・・・手持ちに沢山あるので
オルゴールを予約しました。4冊ありみんなそろってるので届くには早いかも?楽しみです。
3人の名前~誰かしら?それもまた楽しみよ。
みーちゃんから安樂病棟とうわさを頂いて読み終えました。
うわさ~にはあの方の御名前が。
年賀状はもうすでにスタンバイです。
Commented by yuyukan12 at 2010-12-14 09:45
☆ 桜子さん


作者が小説の中の登場人物の名前を決めるのに
苦労されてると聞いたことがあります。
あまり聞かない変わった名前が多い小説と
そこいらに何処でもある平凡な名前が登場する作品と
極端に分かれることが多いような気がしますが、如何思われますか?

桜子さんは、年賀状は随分早く完成されていたようですね (*^_^*)
by yuyukan12 | 2010-12-12 16:42 | 読書記録 | Comments(8)

感謝の心と笑顔で、在宅酸素療養の日々を過ごしています。 misaki


by yuyukan12