悠々閑々

yuyukan12.exblog.jp
ブログトップ

見なくなった学ラン姿

d0098134_9251581.jpg

あすなろ三三七拍子 / 重松 清 / 毎日新聞社 / P 421
母校応援団のOB会幹事長を務める荒川社長直々の命令で、
後継者問題で廃部寸前の応援部を立て直す為、学生に戻る大介。

いつもの重松ワールドとは一寸異質なユーモア溢れる作風です。
それでも、心にきゅんとくるものは残っていますよ (^^)v

d0098134_9254047.jpg

女ともだち / 角田光代・井上荒野・栗田有起・唯野末歩子・川上弘美
       / 小学館 / P 153

それぞれの作品が、30代の契約社員として働く女性が主人公です。

d0098134_9255838.jpg

闇の検事 / 太田蘭三 / 祥伝社文庫 / P 321

恋人を惨殺された久世圭介は殺人犯として無期懲役の刑となるが、
戦争下の大空襲の中脱走して冤罪を晴らすため孤独な戦いが始まる。
[PR]
Commented by 桜子 at 2010-05-16 11:14 x
おはよう&こんちは。
いまね・・・ミクメールを・・・。そしたらアップなってたわ。

闇の検事~数年前に読みました。今も覚えていますよ。
 あまりにも自身に厳しすぎるよ。最後は過去を忘れて幸せに生きてよ・・・と・・・祈る思いでした。

重松さんをメモメモ。
先日「定年ゴジラ」を。なんだか我が家の周りのおっちゃんちのようで笑えました。
Commented by yuyukan12 at 2010-05-17 10:15
桜子さん

闇の検事、あれ程自分に厳しく生きたら、
人生幸せなのでしょうか?
しかし、最後は孫まで誕生してお爺ちゃんになって幸せそうでしたよ (^^)v

定年ゴジラも笑えるお話なのですね。
未読です。私もφ(..)メモメモ
ありがとう~♪
by yuyukan12 | 2010-05-16 09:33 | 読書記録 | Comments(2)

感謝の心と笑顔で、在宅酸素療養の日々を過ごしています。 misaki


by yuyukan12