悠々閑々

yuyukan12.exblog.jp
ブログトップ

暑さも忘れて

d0098134_9564465.jpg

ザ・マジックイヤー 三谷幸喜のありふれた生活 7 / 三谷幸喜 / 朝日新聞出版 / P 190
「三谷幸喜のありふれた生活」・・このシリーズは第7回目ですので、
皆様の方が詳しいかも知れませんね。(^_^;)

映画監督としての撮影話や色々な方との出会い、愛犬とびの手術。
話術の豊富な三谷さんの愉快なエッセイ。

d0098134_9571235.jpg

毒(ポイズン) / 赤川次郎 / 集英社文庫 / P 276
一滴で致死量になり、しかも検出不可能で完全犯罪が成立する毒薬。

この毒が、人々の奥深くに潜む殺意を引き出し、次々と実行される。
オムニバス長編ミステリー。


d0098134_9574437.jpg

KYOKO / 村上 龍 / 集英社文庫 / P 216
基地の町で育ったキョウコは黒人米兵ホセからダンスを習った。
それから13年後、彼女はホセに会いにNYへ。

ホセはキューバ系で、
やっと探し当てた時は末期のエイズで死にかけていた。
彼の願いは故郷に戻ること。
彼女はホセを乗せハンドルを握り、南への旅をはじめる。

差別的な眼差しの中でキョウコを癒してくれるのは、
エネルギッシュで、ソフィスティケイトされたキューバのダンスだった。

        ・・外表紙・KYOKOの紹介文より・・


「毒」・「KYOKO」の二冊はネッ友さんから送って頂いた本です。
自分では探し出せなかった本かも知れませんので、
この本に出合えた事に感謝です。
有難うございました。

また、自己満足で稚拙な本の紹介に
お付き合い下さってる皆様、有難うございます。<(_ _*)>

[PR]
Commented by bj at 2009-07-28 14:41 x
POISON・KYOKO共に読み終えたのですね♪

POISONはオムニバスではありますが
長編としても楽しめる内容の本だったと
思います。

村上 龍氏の本は、癖がある本が多いですが、
KYOKOは比較的読みやすいい部類かと。

ホセの目的が悲しい結果になりましたが、
心温まる本だったと思います(*^^)v
Commented by yuyukan12 at 2009-07-28 16:43
bjさん

有難うございました。
オムニバスものは、楽しめて好きです。

KYOKOも感動しました。
結果は致しかたないことで、
ホセも最期は幸せな人生だったと思いますよ。

人との出会いを大切にしたいですね。(^^♪
Commented by 桜子 at 2009-07-29 12:40 x
KYOKO~関東に行き戻り大阪のはずれに飛んでまた舞い戻りました。
今また読んでます。この本は集英社さんと幻冬舎文庫さんから出てますのね。
偶然にも2冊いただいてまして読み比べたら集英社さんのほうに27人の女性の方の感想文が寄せられていました。昼からDVDもまた見てみようと思います。
毒~~~うふふ。読みましたよ。

自分で本探しをすると同じ作家さんばかりになりますが
「駅伝本」でう~~~~んと楽しませていただいてます。これも”出逢いから”嬉しいつながりです。
Commented by yuyukan12 at 2009-07-29 16:18
桜子さん

KYOKOの本を二冊とも読まれたのですか。
手元にあるのは集英社さんでしたので27人の感想文が読めましたよ。
一粒で二度の美味しさでした。(^^)v

自分で探すと、どうしても作家さんが偏ってしまいますね。
出会いや繋がり、大切にしたいです♪
by yuyukan12 | 2009-07-28 10:14 | 読書記録 | Comments(4)

感謝の心と笑顔で、在宅酸素療養の日々を過ごしています。 misaki


by yuyukan12